ご飯を美味しく食べるための要因5選

ご飯 食べ物

 

 

 美味しさには食べ物の持つ特性だけだはなく、食べる人の状態も大きく関係してきます。これには、食べる人の心理的要因、生理的要因、先天的要因、後天的要因、環境的要因などがある。

食べ物の側と食べる人の側での様々な要因が良い状態で整った時に、人は食べ物を食べて美味しいと感じるのである。

なので今回は、食べる側の要因5選を解説していこうと思います。

 

1 心理的要因

 

 美味しさは感情や緊張などの心理状態によって左右される。影響を与える要因として、好き嫌い、食環境、外部環境などがある。不快感やストレスなどの緊張があると、そうでないときよりも唾液の分泌が悪くなり、消化器官の動きも抑えられる。食べながら根を詰めた考えごとをすると脳に送られる血液の割合が多くなるので、消化期間に影響することからも、ゆったりとした気分で楽しく食事を取ることは、消化・吸収を助けることになる。

 

2 生理的要因

 

 良好な健康状態のもとで、適度な空腹感と食欲を持つことが美味しさに関与する。加齢に伴い味覚の感覚器である味蕾の未細胞の数が減少したり、唾液や胃酸の分泌量が減少したりすることも、おいしさの判断に影響する。

 

3 先天的要因

 

 先天的要因は生まれつき備わっているもので、人種、民族などの他に年齢、性別、体質などが個人のおいしさに関与する。

 

4 後天的要因

 

 後天的要因は、おいしさに対して生まれてから後に身につくものである。気候、風土、宗教、風俗習慣、生活様式、教育、生活態度などがある。

 

5 環境的要因

 

 食文化や食情報に基づく食習慣、天候や気候・湿度などの気候状態、季節の寒暖や時刻、室内装飾や照明などの喫食環境などがおいしさを左右する。社会環境としては、経済状況、治安状況、宗教の他様々な食状態などが影響することもある。

 

 まとめ

 

 以上の5つの要因が良好な状態になると、人は食べ物を美味しく感じるのです。

なので、今日は贅沢をして高いものを食べる!なんて時はこれらの要因を完璧にして見てはどうですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました